沖縄にUターンして苦労したこと

スポンサーリンク
生活で起きたこと

1.暑さがやばい。

8年ほど内地で暮らし、30目前にしてUターンしてきたら

なんだかビックリすることがたくさんありました…。

まず、暑い!!!

とにかく暑い。いやもう熱いです。

よく内地にいたころは、「沖縄ってカラッとしてていいよね、沖縄の暑さはいいよね。」なんて言ってくれる方が多くてですね。

私自身沖縄に長いこと帰っていなかったため、どんな気候だったかすっかり忘れていたのですが、

内地の皆さん、

沖縄は全然カラッとしてないし、いい暑さではないですよ!!!!!

2.チャンネルが3つしかない

関東にお住まいの方だと、チャンネルは6局くらいあったかと思います。

個人的にはテレ東が大好きでした。

しかし、沖縄のチャンネルは琉球放送、沖縄テレビ、琉球朝日放送の3局しかないんです!!

系列でいうと、TBS、フジテレビ、テレビ朝日。この3つしかないんです…(´・ω・`)

ドラマやバラエティーも再放送が多く、放送時間が内地とは違うこともざらです。TV好きには結構苦痛なので覚悟が必要です。

3.交通がめちゃめちゃ不便

これは住んでいたからわかっていたはずなのですが、内地での生活で電車移動に慣れていたんですよね。駅の近くに住んでいたからなおさら、どこへ行くにも電車でスイスイ、待ち時間も駅構内にあるショップや待合室で快適に過ごしていました。

しかし、沖縄には電車がない。モノレールはありますが、通っている場所はごく一部です。その代わりバスがたくさん走っていますが、バスの通路を把握するのにも一苦労。やっぱり車や原付など、自分が乗るための乗り物を所持していたほうが快適です。

バスも余裕で遅れてきますし、暑い中で待っている時間も大変です。

住んでいたころは、そんなに不便に感じなくて、それが当たり前だったんですけどね。

内地の電車生活に慣れたあとだと、本当につらい(*_*;

収入が低い

これはみんな周知のことだと思いますが、沖縄県の賃金は全国平均でいっても最低レベル。正社員になっても手取り12~13万が普通みたいです。その分家賃は関東に比べると安いと思います。しかし、電気代やガス代、物価はほとんど変わりません。かけもちで仕事をしている方も多いですね。

ご夫婦の共働き率がすごく高いのはこういった収入の低さが原因なのではないかと思います(´・ω・`)

現実は厳しいな~。Uターンや移住者が一番苦労するのはここかもしれませんね。

 

とりあえず今思いつくのはこの四つ。

でも苦労することばかりじゃなくて、楽しいことも、素晴らしいこともたくさんあります!次はそういったプラスの面を書いていこうと思います♪