沖縄にUターンしてよかったこと

スポンサーリンク
生活で起きたこと

沖縄に住んでよかった~~~のか?!

先日沖縄にUターンしてきて一週間は、パタパタとやることが多くて、本当に苦労することが多いな~と感じていました…。

沖縄にUターンして苦労したこと
1.暑さがやばい。 8年ほど内地で暮らし、30目前にしてUターンしてきたら なんだかビックリすることがたくさんありました…。 まず、暑い!!! とにかく暑い。いやもう熱いです。 よく内地にいたころは、「沖縄

しかしながら、一週間以上もぶらぶらしていると、余裕がでてきて色々なところへドライブに行ったり、友人たちと楽しく過ごしているうちに、沖縄のいいところを実感できるようになりました。

そうだ、私、こんなところが好きだから、帰ってきたいと思ったんだよな~って。ではさっそく、沖縄に帰ってきてよかったことをご紹介していきます!!

1.海がきれい

やっぱりこれが一番ですよね。ちょっと車を走らせれば、エメラルドグリーンの海がぐわぁ~~っと広がる。キレイな海をぼーっと眺めているだけで、その日が最高の一日になる。

住んでいるときは「海はこんなにきれいなもの」。これが当たり前だと思っていました。

でも内地で生活していると、海をめったに見ることができなかったですし、色があまりにも違うので驚きました。沖縄の海の色がデフォルトだと思ってはいけません。本当にショックを受けます。笑

だけど、海の色は違えども、夜のライトアップされた工業地域、スカイツリーやお台場が見える景色など、東京の海も情緒深くて好きでした。

伊豆では海の色が水色で、すごくきれいだったことを覚えています。

そんな中でも、やっぱり沖縄の海が一番好き。慣れ親しんだから思うことなのかもしれません。

2.居酒屋が安い

沖縄の居酒屋は、ビックリすることに、営業時間内ず~っとビールが100円のお店があったり、泡盛がボトルで980円だったりします。

沖縄の人はお酒好きが多いですから、安くてたくさん飲めるお店ほど繁盛するのかもしれません(;’∀’)

しっかし、ビールがずっと100円って、元取れるのかな~(;’∀’)

ちなみに沖縄で「生」と言って出てくるのは、オリオンビールが主流です。オリオンビールは正直薄味だと思います。タイや南米などもそうですが、暑い地域でごくごく飲む主流のビールというのは、たいがい薄味な気がします。

3.時間の流れがゆっくり

沖縄の方言で有名な「なんくるないさ~(問題ないよ~)」。沖縄の人たちは、このなんくるない精神が根付いている気がします。ちょっとしたことでクヨクヨ悩んでいても、明るい笑顔で「なんくるないだよ~」と言われると、ふっと肩の力が抜けます。

焦っていてもいいことないよなって思っちゃいます。

例えばエスカレーターに乗るとき、立ち止まる人は右、歩く人は左、という暗黙のルール?が存在しますが、沖縄の人は気にしません。右にいても、左にいても、みんな立ち止まってます。

せかせかしてないんですよね、みんな。

まとめ

沖縄にUターンしてきてよかったことは、以上の三つ。

これからもっと増えていくのかもしれません。

沖縄のいいところを全身で感じて、充実した沖縄ライフを送っていこうと思います(*´ω`*)