眠れない、寝付きが悪いときに使うべきアロマとハーブ

スポンサーリンク
暮らしの中のアロマとハーブ

とにかく寝付きが悪い


眠れない日々が続くとつらいですよね。
明日も仕事だから早く寝なくちゃ。
もう眠る時間だからとりあえずお布団に入ろう。
そう思って布団の中で1時間、2時間、、ついには明け方まで眠れない。
よく眠れなかった翌日はスッキリと起きられないし、仕事もなんだか身が入らない。
私自身、先月この状態が続きました。
眠れなかったら翌日は早めに布団に入ったら眠れるはず!!と思っていたのに全く眠れず。
1週間目から、さすがにこのままでは仕事に支障をきたしてしまうと思い原因をネットで調べてみました。

寝付きが悪い原因

まず、寝付きが悪いのはなぜなのか。
不安や緊張などのストレス
まず1番に思い当たるのはこれでした。
人は睡眠に入る前にリラックスした状態でなければ睡眠に入ることができません。
早く眠らなくちゃ、と思っていること自体がストレスになっていることも。
とにかくリラックスする状態を作るためには、ストレスの原因をなくすことが一番いいです。
けれど、仕事自体がストレスだったり、不安な問題が解決するまでに時間がかかる場合は??

効果的な解決策は?

リラックスしている状態といわれて思い浮かぶのは、ふぅ〜っと身体の力が抜けるような状態ですよね。緊張やストレスを感じず、心も体もゆるゆる〜っと抜けていくような感覚。

リラックスした状態を作り出すには、その前の緊張感や疲労感も大事です。それがふっとゆるんだときにリラックスして眠たくなる。
睡眠に入る3時間くらい前から運動をして体を疲れさせる!そしてお風呂に入ってゆったりリラックス、アロマをたいて香りでリラックス、ハーブティーを飲んでリラックス!!などなど、自分なりのストレス解消法を見つけてみましょう。

睡眠不足に効くハーブはどれ?

さて、メディカルハーブを勉強した私からすると、ハーブの薬効成分で寝つきをよくできないかと思いました。
よく聞くのは、「睡眠導入に効くハーブはカモミール!」ということ。
とにかく眠れないときはカモミールのハーブティーを飲むとよく眠れると数々のテキストで出てきました。
しかし、私はカモミールの香りが苦手(´・ω・`)
我慢して飲んでも美味しくないし、眠れないのには変わりませんでした。

でもね、カモミールのいい点は、子どもでも気軽に飲めるほど優しいハーブ。
消化不良や気分のムラにも効能があるといわれていますし、
味もそこまでクセはないので香りや味が苦手でなければ、毎日飲むと健康や睡眠に役立てるのではないかと思います。
飲むとしたら有機ハーブを使用しているpukkaシリーズがオススメです。
pukkaのハーブティーはどのブレンドも飲みやすくてハーブティー初心者にも人気なんですよ(^_-)-☆

カモミールよりも睡眠不足に効くハーブはコレ!

それはバレリアンです。バレリアンは植えてから2年以上経った根を乾燥させると薬として効果を発揮します。
しかし、このバレリアン、めーーーーっちゃ臭いんです(´゚д゚`)
バレリアンの香りは腐敗臭ともいわれ、納豆をさらに臭くしたような発酵臭のような独特で強烈な匂い。
初めて嗅いだときはこんなのハーブティーで飲むの?!信じられない!!と思いました。
実はバレリアンはハーブティーで飲むよりも錠剤で飲んだ方が即効性もあり、臭いのも一瞬なので、飲むなら錠剤タイプがオススメです。むしろ寝つきが悪くて悩んでいるならその方がいいです。
私のオススメの錠剤は、エクレクティックのバレリアン&パッションです。
エクレクティックで使用されるハーブは、可能な限り肥料などを与えず野生そのものの環境で育てるワイルドクラフト製法を用いています。
オーガニック製法よりも、植物本来が持つ力だけで生きているワイルドクラフト製法のハーブはとってもパワフル。
エクレクティック社についてはこちらを見るとわかりやすいかも。

メディカルハーブ エクレクティック

 

安眠のためのアロマオイルは?

続いては安眠のためのアロマオイルです。リラックスするためにアロマオイルの香りを借りるのは大いに賛成!
部屋もいい香りで満たされますし、睡眠の質も向上できますよ。
寝つきがよくなるアロマオイルはたくさんあります。中でも有名なのはラベンダーですよね。
しかーーーし、ラベンダーばかりすすめられてもつまんないですよ!
アロマオイルはラベンダーだけじゃないんだから(´゚д゚`)

というわけで私がピックアップした3つのアロマオイルをご紹介します!

その1、プチグレイン
プチグレインはビターオレンジというミカンの葉からとれる精油です。
感情のバランスを整えてくれる精油で、少し苦みのあるようなグリーン系の香りが心地よく、深く染みわたるんです。

その2、マージョラム
女性に幸運をもたらすといわれるマージョラム。スパイスとして肉料理に使用される香草です。不安を取り除き、落ち着かせてくれる香りといわれており、気が付けばぐっすり眠れると評判の精油です。

その3、クラリセージ
月経痛やPMSなど、女性の持つ身体の悩みにも効果を発揮するとされるクラリセージ。不安定な気持ちを鎮め、リラックス作用を促してくれます。

お好きなものをぜひチョイスしてください!実際に色々なアロマオイルの香りを嗅いでみると、自分と相性のいい精油が絶対に見つかるはずです(*´ω`*)

結果的に私はどれで改善したのか

私に一番効果があったのは、バレリアン&パッションのエクレクのサプリ!!

これがすごかった。
初日は寝る2時間前に1錠飲み、寝る直前にもう1錠追加。⇒布団に入ってから1時間ほどで寝れました。
次の日は寝る2時間前に1錠だけで、同じように1時間もしないうちにぐっすり。
バレリアンの独特なにおいがカプセルからもするので、最初は飲むのに抵抗があったのですが
飲み込んでしまえばなんともないです。
バレリアンが睡眠導入に効果があり、パッションフラワーは睡眠の質を高めてくれるので、朝まで起きることなく爆睡でした。
寝起きはというと、ちゃんと眠れているためかキチンと起きれます。
睡眠薬のように翌朝も起きれない、だるいなんてことはありません。

本当にすごいですバレリアン~~~( ;∀;)

というわけで、長々となりましたが毎日バレリアン&パッションのサプリを飲んでいるので、寝つきの悪さから開放されています。
皆さんも自分にあった寝つきの悪さを解消するアロマやハーブをぜひ試してみてくださいね。

※今回も使用したイラストをイラストACにアップしました。ぜひご利用ください(^_-)-☆