プチグレインはストレスによる不眠、精神不安に効果的な精油

スポンサーリンク
ハーブ&精油(アロマ)のデータ

プチグレインのプロフィール

名前 プチグレイン、プチグレン
学名 Citrus auranitum
和名
科名 ミカン科
使用される部位 葉部、若枝部
有効な成分 揮発性油分
食べる ビターオレンジの果皮はマーマレードやティーに使用されますが葉は食べません
精油 あり

主な特徴

10m程まで成長する常緑樹で、艶のあるピンとした葉っぱに目でも確認できるくらいの小さな油肪があります。
そこからとれる精油は、フランス語で小さな花を意味する「プチグレイン」という名前が付けられました。
ビターオレンジからとれる精油はこのプチグレインだけではありません。
花から抽出した精油は「ネロリ」、または「オレンジフラワー」といい、非常に高価で優雅な香りのする精油です。
しかし、この高価なネロリ精油とプチグレイン精油の効能はかなり似ていますので、比較的安価で手に入るプチグレインは人気の精油です。
ネロリよりもさわやかで、葉のみずみずしさを感じる香り。リラックス効果、気分を高揚させる香りではネロリよりも劣るといわれていますが、プチグレインもストレス性の不眠、イライラ、不安感に穏やかに作用します。

塗布での効能

塗布の場合は、精油をキャリアオイルなどの基材に混ぜて使用します。
直接の原液は刺激が強いため、肌につかないように気をつけましょう。
オイリー肌や混合肌など、皮脂のバランスが気になる方は、キャリアオイルに精油を混ぜてマッサージすると効果的です。
腹部のマッサージに使用すると、消化不良を和らげてくれるともいわれています。

香りの効能

プチグレインの香りはとにかくストレスからくるイライラや不安によく効くとされています。
日々の仕事でイライラが募ったときや、漠然とした将来に不安を感じたときなど、プチグレインのほどよい苦みとほんのり感じるフローラルな香りがリラックスした状態へと導きます。
特にバリバリ仕事や家事をこなし、フローラル系の甘ったるい香りは苦手!という方に人気な気がします。
寝る前の寝室でディフューザーやアロマランプで香りを楽しんだり、お風呂に精油を入れるアロマバスにしてもいいですね。

精神とプチグレイン

精神的な作用でみて花からとれるネロリ精油と比べると、気分を高揚させたり、女性性を高める作用は劣ると思います。
しかしながらプチグレインも地に足をつける「グラウンディング」のパワーはあるとされています。
感情的になったり、悲観的になったり、情緒不安定気味になってコントロールが効かなくなった心を、そっと地面に降ろしてくれるのです。

プチグレインを使ったアイテム

プチグレインを使ったアイテムを探してみました。
個人的には精油を持っておくのが便利かな~と思いますが、
プチグレインをブレンドで使用した商品が結構多くてびっくりしました。
柑橘系の香りとの相性は抜群ですもんね~。

★プチグレインのオーガニック精油を選べば肌への塗布も安心です。

生活の木 有機プチグレイン・ビターオレンジ 10ml エッセンシャルオイル/精油/オーガニック
フローラルでウッディーな深みのある香り。原産国 パラグアイ 学名 Citrus aurantium 抽出部位/抽出方法 葉・枝/水蒸気蒸留法

★お風呂用のブレンドもありました。気持ちをリフレッシュさせたいときに最適なブレンドですね。

GAIA MEDI (ガイアメディ) バスエッセンス グリーン 100ml (入浴剤) 天然精油 プチグレイン ユーカリ・グロブルス グレープフルーツ 配合
●【商品説明】●「GAIA MEDI バスエッセンス・グリーン 100ml」は、ガイア・エッセンシャルオイルをブレンドしたバスエッセンスです。●プチグレインなど葉や小枝の静かなグリーンの香りです。●緑に囲まれた優しい雰囲気で、心身ともにリラックスできます。●【使用方法】●キャップに3-5杯分のバスエッセンスをバスタブに

★プチグレインがブレンドされたアロマミストも発見!手軽に香りが楽しめそう。

アロマスプレー (アロマシャワー) ブレンド ベルガモットオレンジ 50ml (PET/トリガースプレー) インセント
エタノール不使用なのでアルコール臭の無い天然精油そのままの香りの新感覚のアロマスプレーです !! (※エタノール・乳化剤・防腐剤など一切無添加) アロマシャワーの特徴 【特徴1】アルコール(エタノール)や防腐剤、乳化剤など一切不使用なので安心・安全 エッセンシャルオイル(精油)そのままの香りのアロマウォータージェルです

★掲載したイラストはイラストACよりダウンロードが可能です。
ご自由にご利用くださいね(*^-^*)