〈〈Instagramでもイラスト公開中〉〉

リラクゼーションの仕事で独立開業したいと思ったら考えたい5つのこと

生活で起きたこと
スポンサーリンク

リラクゼーションで独立したい!

こんにちは、リラクゼーションセラピスト&イラストレーターのkahumoiです。

リラクゼーションセラピストを勤めている方で「独立したい」という目標をお持ちの方は結構多いですよね。

自分のペースで働きたい、子育ての間に自宅サロンで施術したい、などなど理想の働き方をお持ちかと思います。

私はリラクゼーションセラピストとして勤めたのち実際に独立しました。

その中で色々気づいたことがありましたので、

リラクゼーションサロンを独立して開業したいと思ってらっしゃる方で経験談を知りたいな、という方へ向けてまとめてみますね。

そもそもリラクゼーションの仕事って実際に働くのはどんな感じ?と気になる方はまずはこちらの記事からどうぞ(^^)/

1,リラクゼーションサロンをどこで開業?

自分1人でリラクゼーションサロンを開業する場合、物件選びは非常に大事です。

実際に営業を考える場合は、

  1. テナントを借りる
  2. 商業利用可のアパート/マンションを借りる
  3. レンタル・シェアサロンを利用する
  4. 自宅の一部を使う

のどれかになると思います。

①と②は物件を借りるための初期費用が結構かかります(最低でも30万~かかるかと…)。

物件にかかる費用+施術に使用する施術台などの道具+改装費などが必要になりますので、100万以上は用意しておいた方が安心です。

③のレンタルサロンは時間貸しがほとんど(1時間1,200円ぐらい)。

ベッドやタオルウォーマーが常備されているので、自分で買いそろえる必要がなく、初期費用はかなり抑えられますね。

マッサージや整体、エステに利用できるレンタルサロンまとめ|インスタベース
施術用のベッドが利用できて、本格的なマッサージやエステができるレンタルサロンをご紹介します。 清潔感がある、静かで落ち着いている、設備が整っている、など 施術に必要な条件が揃ったスペースを利用することでより質の高いサービスを提供することができます。 中にはタオルなどの消耗品の他にも、ホットキャビやフットバス、...

④自宅の一部を使うっていうのはいわゆる「自宅サロン」。

物件を借りるわけではないので初期費用は抑えられますし、交通費もかからない!

ただし生活感を出さない工夫が必要です。

自分以外の家族がいない時間帯だけ営業するスタイルが多いですね。

立地や駐車場に気をつけよう

どこで開業するか決めるときは、立地もすごーく大事。

駅の近く、商店街の中、ショッピングモールが近くにある、などの人通りが多い場所は看板を出すと結構目につきますが、

住宅街、自然に囲まれた場所、奥まった場所、などにお店を構える場合は、「こんなところに?!」と気づかれないことも多いです。

デメリットを生かして「隠れ家」「非日常感」を演出するなどの工夫が必要になりますね。

また、お店の周辺で車を利用している人が多い場合は駐車場があった方がいいです。

コインパーキングが周辺にあれば、お客様にコインパーキング代をお渡しした方が駐車場を借りるより安く済むかもしれません。

運転資金の確保

リラクゼーションサロンを開業してから半年間は、お店の知名度が低いため集客するのが結構大変です。

最悪半年以上も無収入が続く可能性もありますし、家賃を払う分だけしか稼ぐことができない…なんてこともザラ。

せっかくお店を開店させたのに、1年持たずに閉店することだって十分あり得ます(;´・ω・)

私も安定した集客を得られるようになるまでは4か月以上かかりました💦

ですので集客が少ない間、家賃や光熱費、食費などの生活費をどこで得るか考えていた方がいいと思います。

例えばお店を週4日営業にして、残り2日間はパートやアルバイトをする、とか

在宅でできる仕事をしながらお客様を待つ、とか

何かしら安定した収入源を別で確保しておくのがオススメです!!

moiちゃん
moiちゃん

何よりもお金がない恐怖ってハンパないですから、安定した収入があれば心も落ち着きます!!

私の場合は在宅ライターの仕事で収入源を確保していました。

イラストの仕事よりもライター募集の仕事の方が多かったからです。

(当時はイラストも今より下手だったし自信なかった💦)

最初は施術よりもライターの仕事をしている時間が多く、「あれ~…私はどっちが本業なんだっけ??」と思っていましたが、

どんなにリラクゼーションサロンの収入が低くても半年以上は気長にやろう、と決めて頑張りました。

今ではありがたいことにお客様が増えたので、リラクゼーションサロンの収入が8割、ライターやイラストの収入が2割くらいで生活しています(*´▽`*)

宣伝方法を考える

お店を開店させたら、「オープンしましたよー!」「こんなお店だよー!」と知ってもらわなくちゃお客様は来ません。

どんな宣伝をするか考えて思いついたのがこんな感じ。

  1. ホームページ
  2. SNS(Instagram、Twitter、Facebook)
  3. ビラ配り
  4. 地域情報誌
  5. 新聞広告

集客につながるのはホームページが1番!

私は全部試しまして、一番集客に効果があったのはホームページでした。

普通リラクゼーションサロンを探す場合、「リラクゼーション ○〇駅」とか「リラクゼーション オイル」とか、

「リラクゼーションサロン+より詳しい情報」でグーグルやヤフーなどで検索をかけますよね。

そこに自分のリラクゼーションサロンのホームページが表示されて、クリックし、ご来店いただく方が多いです。

次に効果があったのは地域情報誌

掲載費はかかりますが、意外と多くの方(特に主婦層)の目に留まり、一気に問い合わせが増えました。

ただ掲載して1~2週間しか効果はなかったので、オープンしました!とか期間限定のメニューがあります!とか、インパクトのある時期に掲載してもらう方がいいかも。

その次に効果があったのはビラ配り

デザインを組んで印刷をかけ、地味に1枚1枚、お店の近所を歩いて配りました。

ちょっと車でおでかけする際もチラシを持って行って周りの住宅街で配るなどして、

とにかく配りまくりました。

100枚まいて1枚ヒットするくらいの集客率ですが、ネットで検索をかけない世代の方や、リラクゼーションに興味がない方にも見ていただけたので客層の幅が広がった気がします。

moiちゃん
moiちゃん

チラシにクーポンを付けたのもよかったのかも。

SNSはそれぞれの良さを考えて…

SNSだとInstagramがすごく人気ありますが、Instagramの検索機能はちょっと微妙です。

Instagramはひとつのワードでしか検索ができないため、Instagramでこれから行きたいリラクゼーションサロンを探す人は少ないと思います。

※例えば「リラクゼーション ○○駅」で検索をかけても「リラクゼーション」の検索結果しか表示されません💦

その点、TwitterやFacebookは2つ以上のワードでの検索が可能ですので、少ないですが検索流入が期待できます。

ホームページのブログ機能と連携しておけば、自動的にTwitterやFacebookに投稿されるので楽ですよ(*´▽`*)

予約方法を考える

さてさて、続いて肝心の予約について!

お客様からの予約をどのように受付するか。

  1. 電話予約
  2. ライン公式アカウント
  3. ネット予約

などが考えられますね。併用するパターンもありです。

一番簡単なのが電話予約かなぁ。

ガラケーだと月2,500円くらいで済みますし、外出中でも予約の電話が取れるので便利。

ライン公式アカウントは無料で使える範囲も広く、一括送信などの機能も非常に便利ですがラインを使っていない人はどうしようもないですよね💦

ネット予約はホットペッパービューティーエアリザーブ(無料)などのオンライン予約システムを利用するのが多いですかね。

ホームページを作る際に、予約システムを付けられるようにしておくのもいいかもしれません。

確かWixにはオンライン予約機能が追加できたはず!

Wix ブッキング 概要 | WIX App Market | Wix.com
ビジネス向けのオンライン予約機能を追加しましょう
スポンサーリンク

変態対策をする

moiちゃん
moiちゃん

これこれ~!!これめちゃくちゃ大事なポイントです!!

もしあなたが女性で、1人でリラクゼーションサロンを開業・経営していきたいならここはしっかり気をつけてください!

リラクゼーションサロンは悲しいことに、変態客がまぎれている場合があります。

笑いごとじゃないですよ、ガチで危険ですから!!

さわる、見せつける、しつこく連絡先を聞く、待ち伏せするなどなど、色々な変態トラップが潜んでいます。

大きなリラクゼーションサロンではほかのお客さんの出入りもあるし、スタッフもいるし、店長やオーナーに助けを求めることができますが、

自分1人だと誰も守ってくれません!!

なので女性1人で営業しているリラクゼーションサロンは男性NGにしているお店が多いです。

男性は紹介のみ、男性のお客さんが来る場合はすぐに家族を呼べる状況にしておく、などの危機管理を徹底しておきましょう。

もちろんすべての男性が悪いわけではないですし、純粋に癒されたくてご来店されるお客様の方が断然多いです。

ベッドがある密室で女性と2人きり…というシチュエーションでついつい興奮してしまう場合もありますし、、、

何かあってからでは本当に遅いから気をつけてください…(>_<)

まとめ

リラクゼーションサロンで独立、開業したいなぁ~と考えているセラピストの方は、

集客、収入の確保、変態対策などなど考えてほしいことがたくさんあります。

最初は収入がすくなくてションボリすることも多いかもしれませんが、

1人でマイペースに施術ができるし、施術スペースも自分の好みのインテリアで作ったり、お客様と会話を楽しんだり、楽しいこともいっぱいありますよ(*´▽`*)

お店を継続していくには、一度ご来店されたお客様が「またお願いしたい」と思ってリピーターになってくれることが肝心なので、

技術の向上や接客スタイルなど、日々研究していけばきっとお客様はついてきてくれるはずです✨

セラピスト仲間として、あなたのご活躍を心より願っております(*´▽`*)

moiちゃん
moiちゃん
★掲載した一部のイラストはイラストACよりダウンロードが可能です。 ご自由にご利用くださいね(*^-^*)

タイトルとURLをコピーしました